尿酸値とプリン体の関係

尿酸値とプリン体の関係

尿酸値とプリン体の関係

血液中の尿酸の原料物質となるプリン体は、よく知られているものですが、それはどのようなものなのでしょうか?

 

約60兆個という細胞が人間の体にはあります。そして、絶えず古い細胞が新しい細胞へと生まれ変わるのです。これを新陳代謝というのです。細胞核が細胞の中にはあって、その中には、RNAという生命を維持するために重要な働きを行うものとDNAという遺伝子情報を伝えるものが存在します。塩基と呼ばれている物質は、これらの核酸を生成している成分なのです。

 

細胞が寿命となると核酸も分解され、その成分であった塩基も体の中に放出されるのです。その塩酸を分解したものがプリン体なのです。うまり、細胞の新陳代謝によって出る老廃物がプリン体なのです。

 

痛風というと今までは、「ぜいたく病」と言われ、魚卵・ビール・レバー・肉類などの多くのプリン体を含む食品を食べないように言われました。しかし、約8割のプリン体は、エネルギーの消費をする際や新陳代謝の過程で生成されてしまうのです。そのため、食品で体の中に運ばれるプリン体は、1〜2割程度にしか過ぎないということなのです。

 

ですから、「痛風=プリン体」という考えを今はあまりしないのです。ただ、プリン体を多く含んでいる食事を必要以上に続けていることで尿酸値が上昇してしまうことは事実なのです。少しでも尿酸値を下げたいと思う人は、プリン体を含む食品をできるだけ避けることがいいでしょう。

 

「ビールには、プリン体が多いため、飲みすぎによって痛風になってしまう」といったことをよく聞く会話です。最近では、プリン体オフとなっているビールも販売されていますが、それでもたくさんのアルコールを飲んでしまうと尿酸値を上昇させてしまうため注意が必要なのです。

copyright 2017 タウリンサプリの口コミとおすすめランキング All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。